こやま薬局・けしごやま薬局 コラム その① 灯台下暗し!痛風の食事療法、まさかのスタート!
ホーム コラム その① 灯台下暗し!痛風の食事療法、まさかのスタート!

2018/02/14

その① 灯台下暗し!痛風の食事療法、まさかのスタート!

痛風発作を起こした左足です。夜は特に痛みが強いそうです…
みなさんこんにちは。こやま薬局管理栄養士です。
当薬局では、管理栄養士による栄養相談を行っております。
生活習慣病の食事療法を始め、各相談に対応しております。
                                   
さて、2018年も早いもので、2か月が過ぎようとしていますね。
皆さん、年末年始の食生活の乱れが健康に影響を及ぼすことはなかったですか?
 
私は2018年が始まってまもなく、衝撃的な出来事が起こってしまいました。
なんと、とある病気の食事療法を実践しなければならない!
そんな年明けとなってしまったのです。
その理由は…。


家族が“痛風”になってしまったのです…。



上の写真を見て頂いてわかるように、足の付け根が腫れ上がってしまい、
なんとも痛々しい状態となってしまいました…。
この痛風発作は本当に、本当に痛くて仕方ないようです。


普段、料理担当は私ですが、ふと思ったこと。
「あれれ??普段から痛風になるような食事は作っていなかったのに??」
…どうも年末年始は羽目をはずして暴飲暴食したようです。
実は、高尿酸血症を放置していたのもあったようで…。


医師から
「尿酸値は7.5mg/dl (基準値:7.0㎎/dlまで)」
「暴飲暴食せず、食事にも気を付けるように」
と言われたそうです。


痛風の食事療法療法に関しては、以前このコラムに書きましたが、
そのことがそのまま自分の身に降りかかるとは思いもしませんでした…。
料理担当の私としては、何か腑に落ちませんが!!!
でも、これはやるしかないですね。



新年早々、思わぬことで始まった痛風食事療法実践生活。
「楽しみながら食事を作りたい!」
とおもい、そして何より、
「私が実践したことが痛風や高尿酸血症の食事療法を頑張っている方のヒントになれば!」
とおもったので、私なりの工夫をご紹介します。(基本的に夕食を紹介)
 

ご紹介内容は100点満点の食事ではなく、あくまで「工夫」です。
教科書通りの食事療法を日々実践するのは、料理を作る側も苦痛を伴います。
管理栄養士も、楽できるところは楽したいですからね。


では食事療法生活、スタートです。
1か月(30日分)をお届けできれば…と思います。
ページの先頭へ