こやま薬局・けしごやま薬局 コラム <高尿酸血症・痛風> 食事の基本その③ 尿酸値を上昇させないための一工夫
ホーム コラム <高尿酸血症・痛風> 食事の基本その③ 尿酸値を上昇させないための一工夫

2017/08/17

<高尿酸血症・痛風> 食事の基本その③ 尿酸値を上昇させないための一工夫

高尿酸血症・痛風の食事療法は、プリン体も意識をした方が良いですが、栄養源として必要な
食品もあります。厳しい制限をするのではなく、バランス良く食べることが大切です。
例えば「適量摂取にとどめる」「摂取する回数がを少なくする」などを心がけましょう。
今回は、プリン体を減らしたり、尿酸を上昇させない工夫をご紹介します。



<調理でプリン体を落とす>
水溶性であるプリン体は水に溶けるという性質があるので、食材を煮ると煮汁に
プリン体が移ります。
これを利用して「煮る」「茹でる」など水を使う調理を積極的に使いましょう。
煮汁はプリン体を摂取してしまいますので、極力残すようにしましょう。



茹でると食材からプリン体がお湯に溶けます。


逆に、食材を煮ることで旨味を引き出すものにはプリン体が多いです。
例えば、とんこつや煮干しなどでだしをとったラーメンのスープにはプリン体が多いです。
食べる機会がある場合は、スープを残すなどの工夫をしましょう。
(スープがおいしいのですが…)

その他、プリン体は干物や魚介類の内臓、珍味(酒の肴)等に凝集されているので注意が必要です。
 
 
 
<野菜や海藻類は積極的に摂る>
野菜や海藻類は尿をアルカリ性に保つ食品といわれています。
尿がアルカリ性だと尿酸を多く排泄する事が出来るため、積極的に摂って
いきたい食品です。

外食が多い人など、野菜や海藻が慢性的に不足している人はこうした食材を食事にプラスして
いきましょう。
かさばる野菜は加熱したり汁物に入れると、たっぷりと摂る事が出来ます。
キノコやこんにゃくなどの食材は低カロリーなどでおすすめです。
 


毎日、350gを目安に食べたいものですね。


 <水分を十分に摂る>
尿酸を尿から排泄するためにも水分を摂って尿量を増やしましょう
目安は1日2L以上ですが、普段あまり水分を摂らない人は普段の水分量
プラス2杯
から始めてみましょう。


ポイントは、一気に飲むのではなく生活の中でこまめに飲むこと。
特に暑い季節や運動後は多めに飲むようにしましょう。
おすすめは、水やお茶などの無糖飲料です。
 ※ジュースや炭酸飲料、アルコールなどを多量に摂るのは避けましょう。



しっかりこまめに飲みましょう!



<酒は節酒、禁酒を目標に!>
お酒はプリン体の量に関わらず、プリン体が作られるのに関係
しているため、控えましょう。
尿酸値上昇、尿酸排泄を妨げるという大きなデメリットもあります。



アルコールはほどほどに・・・
 
ページの先頭へ