こやま薬局・けしごやま薬局 コラム その㉑ 痛風の食事療法 20日目の夕食
ホーム コラム その㉑ 痛風の食事療法 20日目の夕食

2018/03/06

その㉑ 痛風の食事療法 20日目の夕食

体調も良くなり、食欲が出てきた家族に言われたこと。
「焼きそばが食べたいな…」

食べたいのなら、と思いこの日は焼きそばにしました。
今回、使用した量を記載しておきます。(不明なものは適量と記載しています)

<メニュー> ※3人分
 焼きそば
  焼きそば:3玉
  豚肉:適量 (もも肉使用)
  えび:5尾(バナメイエビ) 
  もやし:2袋 
  キャベツ:適量 
  にんじん:1/2本 
  玉ねぎ:1個 
  ニラ:1/2袋 
  しいたけ:3つくらい(軸も使用) 


<調理の工夫>
・えびは縦半分、横半分の4分割に切ります。
 (こうすることで見た目に海老がたくさんあるように見せます。)
・焼きそばは、ホットプレートで少しパリパリ状態になるまで炒めます。
 (後で蒸し焼き野菜と一緒にするので、最初に麺を少しパリっとさせておきます)
・具材を炒める油は使用しません。豚肉の脂で豚肉と海老を炒めます。
・野菜はホットプレートに蓋をして蒸し焼きにします。
 (野菜の水分を利用すれば蒸し焼きになります。)
・麺を投入することで、程よく麺に水分がなじみます。
 

普段、焼きそばにしいたけやニラは入れませんが、かさましと風味アップに
入れてみました。
しいたけの軸は、繊細な料理ではあまり使う事はないですが、焼きそばのような
豪快な料理にしいたけの軸があってもさほど気にはなりません。


焼きそばの量に対して野菜がかなり多かったですが、麺が多くならないように
かさまし!かさまし!です。そして、油を使わない!豚バラを使わない!
焼きそばをヘルシーにする工夫です。

 
①豚肉とえびを炒めます (油なし)



②野菜投入!ホットプレートは野菜だらけです!


  
③「蒸し」を利用して野菜を加熱



④パリッと焼いておいた麺を投入!そしてソースで仕上げます。
 
ページの先頭へ