ホーム 薬局実務実習

こやま薬局グループでは、未来の薬剤師を育てるために
薬学生の「薬局実務実習」受け入れを積極的に行っています。

薬剤師を目指すためには、病院と薬局で実務実習が必修となります。
薬局で行う実務実習は約3ヶ月間、薬局で「認定実務実習指導薬剤師」が“実務実習モデル・コアカリキュラム”に基づき、熱意をもって担当させていただいています。

薬局実務実習では、処方箋による調剤や服薬指導を学ぶだけでなく、在宅医療や地域包括ケアシステムの中で、どのように薬局薬剤師が関わっていくか、どのように活躍できるのかも知って頂く機会となります。

薬局実務実習 スケジュール一例

第1週目
薬局内の設備や基礎的な業務の流れを学ぶ
第2週目
処方せんの受け取りと処方内容に基づいた調剤を学ぶ
第3週目
薬剤服用歴管理のための情報収集と情報提供の方法を学ぶ
第4週目
医師への問い合わせ方法と多職種との連携を学ぶ
特殊な調剤方法(一包化、粉砕等)を学ぶ
第5週目
服薬指導と薬剤服用歴の記録方法を学ぶ
第6週目
処方内容を解析する
一般用医薬品、健康食品やサプリメントと医薬品の相互作用を学ぶ
第7週目〜第10週目
服薬指導、薬剤服用歴の記録を実践する
在宅医療について学ぶ
第11週目
社会における薬剤師の役割を学び、実務実習を振り返る

その他の実習内容

  • 学校薬剤師の仕事を学ぶ
  • 地域講演会への参加
  • 協力薬局で漢方を学ぶ
  • 医薬品卸を見学する
  • こやま薬局・けしごやま薬局の全店舗を見学する
  • スポーツファーマシストの活動を知る
  • 薬局の管理栄養士の活動を知る

約3ヶ月間で学ぶ実習内容はとても多く、指導者はもちろんのこと実習生も毎日真剣に取り組んでいます。薬局をご利用の際、実務実習を行っている実習生を見かけたら、ぜひ暖かいお気持ちで見守っていただけると幸いです。皆さまのご理解とご協力が「薬剤師の卵たち」の成長につながります。

  • 店舗紹介
  • コラム
  • 採用情報
ページの先頭へ